2009年10月の教材

作品名 作者名 サイズ
秋の陽の贈り物 森 五十鈴
(仙台サークル)
SM

秋の陽だまりにからすうりの実。なにげないモチーフですが、その向こうに作者の心が伝わってきますね。

○バック  三彩染め(顔料)です。

○からすうりの実  
 ベースの紙(サーモンピンク無地厚紙)に、暖色系超極薄紙5種。(A)明るい橙、(B)濃い橙、(C)山吹色、(D)赤、(E)赤と紫の格子折染め。3個それぞれ色を変えましょう。ただ、貼り方の基本は同じです。
 
 真ん中の実。(A)で形を写して、ベースの紙と共に鉄筆で切り、そのまま重ねて貼る。さらに(A)を、こんどは写すときに水切りして、それを重ねて貼る。毛羽が出ることで輪郭線が強くなりません。あとは立体感を出すように、大きさを変えながら(C)や(D)、ほんの少し(E)をちぎって貼っていきます。
 左の実。(B)で形を写して、ベースと共に貼り、同じ(B)を水切りして重ねる。そして立体感を出すように次々に・・・・
 右の実はどの色から始めるか、考えてみて下さいね。

○ 蔓と葉  あやとり紙2種。厚紙緑系折染め2種。薄葉紙折染め3種。

○テーブルの面の影は超極薄紙2種(紫系濃淡折染めとピンクと灰青2色折染め)。
(純)

この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。