2009年7月の教材

作品名 作者名 サイズ
葡萄色の朝 鳥越美智子
(東京サークル)
SM

この作品はバックの白をそのまま活かすことで、夏の清涼感を表現します。

1)グラス  雪しずく染め(絞り染め)極薄紙で。とても偶然性の高い染めです。原画とは同じにならなくても気にしないでください。グラスの中央に、少し淡い色がくるようにして、全体の輪郭線を白鉛筆で写し、鉄筆で切って貼る。
次に、グラスの質感を出していきます。青濃淡折染め薄典具を、出来るだけ細〜くちぎって、縦に二つ折りにして、輪郭線に沿って貼っていきます。ネッ、不思議不思議! グラスの透明感が出てきましたよ。葡萄の粒を入れましょう。紫系の超極薄紙2種、鉄筆で切って。

2)さあ、葡萄と葉です。紫系の厚紙折染め4種。横折でグラデーションをきれいに出していただいた染め、さらに、絞りを入れた染め。葡萄の粒の立体感を出すよう、いい部分を選んで鉄筆で切ってください。色の組み合わせは、原画はあくまで参考に、ご自分で楽しく工夫して並べてみてください。このままでOKですが、足らないときは薄葉紙を上から少し重ねて下さい。
葉は、大穴落水紙ドーサ顔料染め2種。葉脈もこの紙をハサミで切って。葡萄用の薄葉紙も少々。

3)黄緑系濃淡折染め超極薄紙が一枚残ってしまいましたね。これは、グラスに、必要に応じてチョッピリ使って下さい。
テーブル面も、雪しずく染めをちぎって。
(純)

この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。