2009年1月の教材

作品名 作者名 サイズ
花椿 近藤幸子
(柏サークル)
式紙

日本人は昔から椿好き。無数の園芸品種が生まれています。ちぎり絵でも魅力的なモチーフで、今までもいろんな絵柄を勉強してきました。
気品ある作品ですね。

○式紙・バック
グラデーションに吹き付けていただきました。これだけでも奥行き感がありますね。
さらに、超々極薄紙2種(青紫と淡緑)で雰囲気作りをしましょう。葉を暗示する形で。この式紙はあまり強く擦ったりすると色落ちしますので、優しく扱ってください。

○枝
絞り染めで、偶然に出る色が素敵な枝になりますね。

○花
白3種(10匁、5.5匁、4匁)。主役の花の外側の花びら(ちょっとだけ見えますよ)に4匁。ほとんど10匁で花びらを描きますが、さらに5.5匁も重ねると、花びらの質感が出て、白の発色も一段と良くなります。淡い黄緑の薄典具(小判)で、花びらの重なりの影、赤で模様を描き込みましょう。
花糸は、白(5.5匁)と黄の淡い方で。細くハサミで切って、根元を切り離さず、少し拡げながら形を整えて貼ります。その後、黄色の濃い方を細かく粒状に切ったものを乗せましょう。

○葉
折染め3種。素敵な染まり具合になりました。いい色合いの所をちぎって下さい。補充の色として、黒味緑超々極薄紙。
(純)

この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。