2008年5月の教材

作品名 作者名 サイズ
笹百合 清水俊子
(岡山サークル)
式紙
笹百合の清楚な表情と、まわりの神秘的な雰囲気が、的確なデッサンと色のセンスで表現されています。
○バック
天上から降り注ぐような光と色のグラデーションは、典具帖の表と裏を6回もひっくり返しながら、少しずつ少しずつ色を重ねて染めていただいたとのことです。一枚、式紙に貼ります。
○花
10匁白。白極薄紙で形を写して鉄筆と水切り。その際、ご自分で描きやすいような単位で、パーツ毎にとったものを組み合わせていくという方法をお勧めします。花びらが互いに重なった部分も自然な感じで、後の明暗の調子付けも楽にいけます。調子付けは紫系とピンク系、超極薄紙4種。ほかに、花や蕾の元の部分に薄緑超極薄紙。
○花心
めしべは、葉用の緑を。おしべは、えんじ色出雲民芸紙と赤と緑の2色折染め超極薄紙。
○葉と茎
厚紙折染め3種。そのほか、花用の超極薄紙適宜に。(厚紙のうち、絞り入り横折染めは、一枚のみで葉にするのではなく、ちぎったものを継ぎ重ねてみてください。とてもいい色の効果が出ます。全部の葉のうち、二枚ぐらいは、この紙を使ってみて下さい。)
(純)
この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。