2008年4月の教材

作品名 作者名 サイズ
湖のほとり 金田てる
(豊橋サークル)
SM
こんなに小さな画面でも、強い印象を覚えますね。原作者は大作を得意とする方ですが、小品にも手慣れた技を感じます。
光と影のコントラストが美しい作品です。
○下色
手漉き典具帖(同サイズ)3種。淡いブルー濃淡折染め1枚を空に、これは水平線まだ貼る。むら染めは1枚を山に。先染めは二重で湖に。黄緑超極薄紙は木立の下の草むらに。
ベージュ濃淡折染め機械漉き典具帖で砂浜の下貼りをして、その上に雅染めを重ねる。
以上の作業はすべて鉄筆、水切りで手際よく。
○空は、同じものを少しちぎって調子付けする。雲は白檀紙。
○山は、同じものをちぎって調子付けして、ベージュも少し。山のふもとはベージュや春雨落水紙(濃すぎない落ち着いた色で)。家は、5.5匁白、屋根は、白のまま、左の壁はベージュ、右の壁は典具帖折染めのこげ茶で。
○湖は、濃いブルー濃淡折染め超極薄紙で調子付け。
○草地の影は、濃い紺と緑の2色折染め超極薄紙と、春雨落水紙を適宜に。
○木立の幹と枝は、厚紙2種と、こげ茶と赤茶の2色折染め典具帖等で、ハサミで切る。明暗の差を付けることがポイントです。
○葉は、春雨落水紙6種。ボリューム感を出すように、明暗を考えながら貼っていきましょう。
(純)
この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。