2006年9月の教材

作品名 作者名 サイズ
秋燃ゆる 鈴木鈴江
(南行徳ひつじの会)
式紙
水の色ってどんな色? 水を描く――風景画の大切な課題のひとつですね。
○水面の地色(下帖り)
特大判のオレンジ系むら染め超極薄紙を1枚、水平線より画面下端まで貼る。
○空と奥の林
淡いブルー超極薄紙を見えている空の部分に貼る。
林は、淡い色から濃い色へ、落ち着いた色から鮮やかな色へと、超極薄紙、落水紙をちぎって重ねながら、調子を付けていく。木の幹や枝は、雲龍紙をハサミで切ったり、繊維を抜いたり、厚紙はハサミで。
○岩と水面
岩は、典具帖3種のうち特に黒に近いグレーや、暗い緑系むら染めで。刷毛で毛羽を押さえながら形を整えます。コケは緑系落水紙で。水に映る岩の影は、上記の典具帖の上に、超極薄紙や超々極薄紙を重ねたり、または、緑系濃淡折染め極薄紙で。
水面は、下貼り用の色と林に使った色も加えて、紫系超々極薄紙、白とグレー2色折染め超々極薄紙や白雲龍紙などを重ねて貼っていきましょう。
岩の影を描くこと、そして雲龍紙の繊維の細い白を入れることにより、水の透明感が出てきます。
(純)
この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。