2006年4月の教材

作品名 作者名 サイズ
芙蓉 宮崎純子
4F式紙
<花>ピンク系濃淡折染め紙(楮手漉き)1種。他に、明暗やひだ、花の中心部分の斑点模様など用に、極薄紙、超極薄紙のピンク系濃淡3種、濃赤1種、暗い赤系雪しずく染め1種と、超々極薄紙の白。
花心は葉用の明るい緑と黄色むら染めアミ目落水紙。
<葉・茎・がく・つぼみ>
葉と茎とがくは、緑系折染め5種(楮機械漉き)。つぼみはもみむら染めです。
このうち、いちばん濃い黄緑系折染めの濃淡の間の淡い染めむらの色が無い場合は、水色の超極薄紙を少し幾重か重ねて調節してください。また、青味の鮮やかな緑の折染めは、葉を一枚貼った上に、この紙の黄緑っぽい部分をちぎって少し重ねてみてく
ださい(画面一番下の葉)。
太い茎の元の方に、濃い赤を少々。絵全体を引き締めます。最後に葉の虫食いの穴を鉄筆であけて下さい。
細かな曲線や切れ込みは、ハサミか鉄筆でして下さい。ハサミを使うとき、刃先ではなく刃の元を紙に当て、手首(ハサミ)をそり返すようにすべらせて切りましょう。
また、細い線(茎やがく、葉脈)はハサミで。葉も複雑な形は鉄筆、水切りでどうぞ。
(純)
この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。