2006年2月の教材

作品名 作者名 サイズ
アネモネ 宮崎純子
(原画:亀井健三)
式紙
○花瓶  
雅染めを鉄筆で切る。偶然の色むらを活かして使いますが、均一に染まっている場合は、花瓶上部に、この紙の裏側の白っぽいところをちぎって貼ります。更に必要であれば、同色系の典具帖雅染めも少々。
○葉   
春雨落水紙6種(5種は手漉き。1種は土佐落水紙薄典具機械漉きで一番濃い緑。)
○花   
赤2種(手漉き佐治紙と機械漉き青谷紙)。主に佐治紙の方を使用し、青谷紙の方は花の一部に効果的に使う。花びら一枚一枚を、白地染め残しを活かしちぎっていく。花びらの先はほんの少し、ハサミか鉄筆で切り込みを入れるときれいです。
補充の色として、白超々極薄紙と赤濃淡超極薄紙。紫3種(手漉き佐治紙2種、青谷機械漉き1種)。花の中央は雅染め(小判の白っぽいもの)をちぎって貼り、それより小さく花瓶用の雅染めをちぎって貼り、更に一番濃い花用の紫をちぎってチョンとのせる。
20数年前の亀井主宰の人気教材を原画として、最新の染め紙と式紙を使用することにより、ここに再びアネモネが咲きました。
(純)
この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。