2005年10月の教材

作品名 作者名 サイズ
色づく季節 斎木理愛子
SM
○バック 
土佐薄典具(大判)で。
○林の奥の雰囲気作り
薄茶系6種(上記バックの紙、土佐典具帖先染め1種、因州超極薄紙2種、極薄紙2種)。
それに緑系折染め極薄紙1種。
全体の調子を見ながら、ちぎって貼っていく。シャープな裁断線もそのまま利用する方が、この作品の軽快さがでます。画面下の方は、細くちぎったものをちょっと折って貼れば、幹の感じになりますね。
○幹・枝
因州もみむら染め1種、土佐夢幻染め1種、土佐楮黒皮入り顔料染め1種。
ちぎったり、ハサミで切ったりして下さい。
○葉
土佐大穴顔料夢幻染め1種。それに、小判の暖色系の極薄紙3種と、グレーの薄典具落水紙1種。
この原作者独特の颯爽としたタッチが、この作品の持ち味です。あまり小さなことにとらわれないで、おおらかに、軽やかに描いて下さい。
純)
この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。