2005年8月の教材

作品名 作者名 サイズ
あざみの詩 堀口幸枝
(東京サークル)
式紙

昭和51年(1976)の土佐典具帖紙との出合い、その数年後の鳥取県因州紙の極薄紙・超極薄紙の開発、これら薄葉紙の存在のおかげで、私達のちぎり絵は発展してきたといっても過言ではありません。
今このあざみの作品を描くとき、このことの喜びをしみじみと感じます。
花の毛先、その限りなく微少な一本一本にちぎり絵の美が息づいていますね。
○式紙
天地吹き付けで、金砂子が入っています。
○花
土佐典具帖先染め2種、因州超極薄紙4種。枯れ花は典具帖折染め、がくは厚紙の佐治紙折染めに雅染めを重ねる。
最初に淡いピンクの典具帖、その上から濃い典具帖、そして超極薄紙の鮮やかな濃いピンクを少し小さく。花の底の部分に濃い色を持ってきて丸味を表現する。これは一応ひとつの手順ですが、どれもこのままに描くのではなく、ひとつひとつの花の色の重ね方に変化を付けてください。
○茎
佐治紙折染めをハサミか鉄筆で。
○葉
土佐大穴落水紙顔料染め2種、夢幻染め1種、小穴落水紙1種で。
さあ、「あざみの歌」でも口ずさみながら、描くとしましょうか。
(純)

この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。