2005年5月の教材

作品名 作者名 サイズ
こんにちは 印藤佳枝
(光サークル)
式紙
○バック 土佐典具帖顔料染め、同色の濃淡を各1種です。
原画に使用されたものは、昔、浜田幸雄氏が顔料染め研究途上で生まれたもの。今回、教材にするにあたり、浜田三枝さんが再現してくださいました。
淡い方を全体に一枚貼る。
濃い方をアーチ型に切って(鉄筆、水筆で)貼る。
原画通りにするときは、この紙の端に濃い色の部分がありますから、そこを細いテープ状に切って、線香で焼いたのち(火災にはくれぐれもご用心!)アーチの周りに差し込みます。他には、アーチ状に切った紙そのままの周りを焼くとか、焼かないで、ハケ等でシワを作るように寄せてそれらしくする…という方法をとってください。
○止まり木 因州もみ紙(紫系と黄土色系の2色)です。
○ふくろう 下地の色は因州もみ紙(青と黄茶系の2色もみ紙)です。ふくろうの形に鉄筆と水筆で切る。(上方が黄茶、下方が青になるように)
その上に、白因州落水紙をちぎって貼っていく。お腹や胸の辺りは、少し多めに重ねてボリューム感を出す。雪しずく染め落水紙(オレンジと黄緑)もほんの少し。羽根は、美濃アミ目落水紙。
○目は、あやとり紙を丸くハサミで切って。両目の間、くちばしのくる部分には、もみ紙の青をちぎって貼っておく。目は極薄紙4種(ブルーやピンク、クリーム系)をちぎって重ねて色を出す。あやとり紙をちぎって目の周りに貼る。
目玉は、もみ紙の青を鉄筆で。赤の雲龍紙の繊維で縁を囲み、瞳は白楮紙を鉄筆の先端で押さえ引っ張ると、簡単に白い点が出来ますね。
鼻とくちばしは、同じ白楮紙を鉄筆で切って、ほのかに色をかける。足のつめも白楮紙をちぎって貼り、適当な色を乗せる。
この作品は、和紙、染め和紙の使い方、工夫という点において、ちぎり絵の中のちぎり絵といった作品ですね。
<ふくろうの赤ちゃんと浜田家の物語)
むかしむかし、典具帖の浜田さん、近くの山へ猟に出かけられたそうな。
すると、生まれたての赤ちゃんふくろうが、巣から落ちたのに出っくわしたと。
そおっと懐に入れて家に帰り、家族総出で育てたそうな。
虫や魚の刺身を与えて、ねんごろにねんごろに可愛がったと。
土間や庭で放し飼いにしたけど、どこへも飛んでいかなかったそうな。
皆のあとについてヨチヨチ歩いていたと。
その可愛らしかったこと、可愛らしかったこと ……
最後には哀しい別離の時が来るのですが、ふくろうの赤ちゃんと浜田家との不思議なエピソードも、この教材の袋の中に入っています??
(純)
この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。