2005年2月の教材

作品名 作者名 サイズ
春の牧場 岩原ヒサ子
(新潟サークル)
4F式紙
まるで童話の世界のような、しあわせな気持ちになる作品ですね。
一見、個々の形にとらわれず無雑作に描いてあるかのようですが、実は、基本的なデッサン力が確実にあるからこそ、この軽妙な描き方が出来るのでしょう。
1.三彩染め(超特大判です)を先ず一枚全体に貼る。
2.遠景の建物・木々・柵などを描く。因州極薄紙(小判6種)を鉄筆、ハサミで。
3.中景・近景の色を置く。因州緑濃淡折染め極薄紙(これも超特大判です)を大きいままで、ズラして重ねるように貼っていく。他に、ピンク濃淡折染め極薄紙やオレンジと黄緑むら染め極薄紙も必要なところへ少々。
4.以上が出来たら、再度三彩染めを一枚全体に貼る。これで、微妙なトーンの変化で遠・中・近景の感じが出てきます。
5.あとはポピーを描きましょう。白三椏出雲民芸紙を裂き剥ぎで。白土佐典具帖、橙と白の折染め典具帖、佐治橙濃淡折染めを主に、中景で使った極薄紙も加えてください。花心は建物に使った濃いくすんだ赤紫系の極薄紙です。
(純)
この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。