2004年10月の教材

作品名 作者名 サイズ
ざくろ 池田浩子
(福山サークル)
SM

○バック……鳥の子色(淡い黄色系)先染め典具帖を先ず貼り、さらに黄緑と橙色むら染め典具帖を重ねる。ちょうど中央辺りに橙色がくるように染めてあります。
○ざくろの実……橙系濃淡折染め極薄紙で形を写し、厚紙の橙系濃淡折染め紙と共に鉄筆で切り、そのまま重ねて貼る。(その際、上記どちらの紙も、右のざくろは上1/3位が淡い色になるように、左のざくろは上半分位が濃い色になるようにする。)鉛筆で写した線を目安に、ざくろの実の下地の色を、バックに使用の典具帖で貼っておく。ざくろの実は赤濃淡折染め厚紙を鉄筆で切る。あとでハイライトを鉄筆の先で付けると、見事に実の質感が出ます。(お楽しみに。)
裂け口は、バックの土佐典具帖で。
皮の表面の質感や明暗は、極薄紙で付けていきます。(赤格子折染め、朱、橙系濃淡折染めの3種。紫系1種。白と肌色折染め1種。)
先端の部分は赤と茶の横折染め(因州佐治紙)などで。
テーブル面の影は、灰緑系濃淡極薄紙で。
○葉と枝……因州青谷緑系折染め2種で。
(純)

この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。