2004年5月の教材

作品名 作者名 サイズ
緑きらめく  久野三枝子
(名古屋サークル)
式紙
テーマとモチーフと色の構成が、見事に一致しています。
光と風の中できらめく緑を、思いっきり自由に楽しく、和紙で追いかけてみませんか?
1. 水面。 黄濃淡折染め極薄紙の淡い色の上に、黄緑系浸け染め(無地)極薄紙を重ねる。あとは、緑、黄緑、水色などで調子を付けてください。
2. 岩。 因州むら染めもみ紙。白の多い明るい色が、この絵によく似合っています。
3. 左右の緑の茂み。濃い緑から淡い緑、黄色へとグラデーションを付けながら、ちぎって貼っていく。黄色以外はすべて超極薄紙です。中央の明るい部分は、雲龍紙(白、淡い黄色、黄緑と水色のむら染め)をそのままちぎって貼ってみてください。(出来れば、繊維が同じような方向性を持っている部分を)その上に水色の超極薄紙もちょっと貼って。いかがでしょうか? 雲龍紙もこんな使い方がありますよ。
落水紙もグラデーションを考えながら貼っていく。
樹の幹や枝にはたて絞り染め。この紙も、染めの方向に沿ってハサミで切るばかりではなく、斜めに切ってごらんなさい。斜線状の色の変化が、ちょうど斜めに光の射す方向を見せてくれるようで面白い効果が出ます。他に岩の紙も使ってみては? 中央の樹は雲龍紙の繊維を抜いてください。
(純)
この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。