2004年1月の教材

作品名 作者名 サイズ
つくしんぼ 宮崎総子
(平和町サークル)
式紙
春の野原で、ホラ、つくしたちが背くらべをしていますよ。
淡く明るい角窓の式紙に、つくしの形や色をリズミカルに描いてみましょう。
穂に、典具帖顔料吹き付け染めが、とても効果的に使ってあります。
1.つくしの軸は、ピンク系因州折染め2種を、適当な色の所を選んで鉄筆で切ってください。そのとき、軸のふくらみや細くなる部分をよく見てください。
2.つくしの穂の背の高い方は、茶系濃淡格子折染め典具帖、紫系顔料吹き付け染めと黄色美濃落水紙を重ねていく。背の低い方は、青系顔料吹き付け染めを主に、紫系顔料吹き付け染め、黄色落水紙を少々。どちらにも、白い厚紙をハサミで小さく切ったものを、あとで散らす。
3.ハカマは、典具帖焦茶色濃淡折染めを主に、雲龍紙や典具帖茶系格子折染め、緑系超極薄紙を少々。
4.地面草むらは、緑系超極薄紙2種と紫系顔料吹き付け染めで。
この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。