2003年6月の教材

作品名 作者名 サイズ
緑の小径 石村皐月
(岡山サークル)
SM
緑色の光と影を楽しみながら、森を散歩する気分で描いてみましょう。
かげろうなどの極薄紙のみで制作してある今回の風景画、今までにない新しい趣が感じられます。
○バックとしての下貼りは、ブルー系むら染めと薄茶無地で(どちらも大判)。
○幹と枝は茶系濃淡折染め雲龍紙2種と、無地1種。幹の太さそのままを、ちぎったり、ハサミで切ったりしてください。枝は繊維を抜いて。どちらも、しなやかな線で仕上げるように気を配ってください。(硬直した線にならないように)
○葉は、むら染めや折染めを遠くから手前に、淡い色から濃い色へ(あるいはその反対に)小さくちぎって貼り重ねていきます。空に使ったブルーや濃い青も使って下さい。緑に美しい深みが出ます。
○道や草むらは、茶系折染めやむら染め、ピンクとクリームの折染めなどで。
(純)
この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。