2003年3月の教材

作品名 作者名 サイズ
アルストロメリア 白崎 淳
(鶴岡若葉サークル)
式紙

今日では、日本でもとてもポピュラーになった人気のある花ですね。
南米原産で、栽培育成はオランダから始まったとのこと。
日本での栽培のさきがけのひとつが山形県下で、作者はこの地にお住まいです。
色数も豊富で、白、ピンク、黄……今回は作者のお好きなオレンジ系で。
構図・配色共々すっきりと清楚にまとめられ、ひとつひとつの形の写生や和紙の毛羽の扱い方など、実に丁寧な仕上がりです。
○花……オレンジは因州佐治折染めの手漉き、黄色は因州青谷折染めの機械漉き。
それぞれの「ちぎれ方」の特性を活かしてください。
○葉・茎……機械漉きを使います。極薄紙2種も加えて。
○めしべ・おしべ・花びらの模様……緑と赤のシックな折染めと、赤系の極薄紙をハサミで、可能な限り小さく細かく切ってください。       
(純)

この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。