2003年2月の教材

作品名 作者名 サイズ
胡蝶蘭 下屋敷徳子
(静内サークル)
式紙

灰色のグラデーションをバックに、白い花が神秘的に浮かびます。この作品では、特に白い色の美しさを勉強しましょう。
白い和紙は5種類です。厚い方から順番に、因州純楮紙5.5匁と3匁、土佐典具帖、因州超極薄紙。そして因州雲竜紙です。
紙の厚さの違いで、バックの色の透け方が違ってきますから、白の発色が様々に異なり、その多様な白の変化が楽しめますね。
さて、この作品に因んで、一冊の絵本をご紹介しましょう。
一匹のカマキリが白い胡蝶蘭に恋をする、せつなく、哀しく、そして幸せな物語が、美しい絵と共に展開します。興味のある方は、ご覧下さいね。
『あした花になる』いもとようこ作・絵(岩崎書店¥1,300)
(純)

この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。