2002年5月の教材

作品名 作者名 サイズ
涼(滝) 松竹千穂
(佐世保サークル)
4F式紙

滝は古今東西の人々の絵心を誘う永遠の魅力あるモチーフで、ちぎり絵の展覧会でもよく拝見するものの一つですね。
透明な水が落下する、つまり勢いよく動いている、という難しい対象を和紙でいかに表現するか。使う和紙の種類は? 技法は? (白い布が垂れ下がったようになるのは避けたいものですね)
原作者はその難しい課題を、落水紙のみで見事に解決なさっています。
手漉きの白い美濃春雨落水紙----ちぎったとき粘りがあり、美しく長い繊維の毛羽が出ます。その特性を活かして極めて細く紐状にちぎって水流一筋一筋を貼っていきます。そして鉄筆や刷毛や爪で少し形や余分な毛羽を整えます。
ちぎる方向は繊維に方向性を感じる方向に沿って図の矢印の方向にちぎるとうまくいきます。
(もし、手でうまくちぎれない方は、鉄筆で切るという作業も加えてください)


淡い水色系の土佐極薄落水紙2種、黄緑濃淡因州極薄紙1種は、仕上げの微妙な色調整に使って下さい?画面バックは暗緑色極薄紙。岩肌や葉には、主に美濃雲レース落水紙各種と、因州落水紙です。
濃い青の土佐薄落水紙1種は滝の両サイドの岩肌の部分に少々使って色を引き締めます。        (純)

この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。