2001年11月の教材

作品名 作者名 サイズ
干支・午 和仁直子
(岡山サークル)
式紙
淡く優しい光の中を、色とりどりの花を背負った可愛い馬がやってきます。その花の名は……希望.幸福・平和……でしょうか。皆様それぞれの思いと祈りを託して、制作なさって下さい。
1. トレーシングペーパーで型紙を作ります。ひづめも一緒に型紙に含めます。ひづめの線は書いておくと便利です。しっぽは型紙には入れません。
2. 絞り染の面白い効果を今回も楽しみましょう。型紙に合わせて鉄筆で切ります。ひづめは黒と焦げ茶の因州折染めの焦げ茶の方で、型紙に書いておいた線を目安に、これも鉄筆で切り、先ほどの絞り染の上に貼ります。しっぽは手でちぎられたらいかがでしょう。(因に、しっぽが細く見えるのは、実は貴重な品物を作るため、紐などでぐるぐると巻いて守ってあるからだそうです。バイオリンなどの弦楽器の弓や、刷毛などになります。手漉き和紙の乾燥作業で、板や鉄
板に貼付けるのに、馬毛の大きな刷毛を職人さんは使われます。)両前足、両後足、それぞれの境の陰影は、絞り染の縞模様をそのまま活かすようになさるか、別にちぎったものを貼り足されるか、または茶系濃淡かげろうの淡い方を貼られるのもよいでしょう。このかげろうの濃い方は、たてがみに使います。
3. 土佐顔料染め大穴落水紙3種。花篭は、このうちの暗緑色と、同色のかげろうで。花はこの3種の表と裏両方を使い、多様な色を出して下さい。
この作品はちぎり絵サークルの教材として特に作者から提供されたものであります。したがってこの作品を模作・複製して発表したり、販売したりすることは著作権の侵害になりますのでご遠慮ください。